私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

ポイントサイトで小遣い稼ぐよりも、コンテストに応募しよう

こんにちは、戦闘力1未満でがんばるKENです。

 

ネットでできるお手軽な小遣い稼ぎとして、ポイントサイトがあります。「げん玉」とか有名ですね。

www.gendama.jp

 

アンケートに答えたりメールを受信したりしてコツコツとポイントを貯めるわけですが、よほど熱心にポイントを稼いでいる人でも月に1万円超えることはなかなかないそうです。

 

小遣い稼ぎとしてはそれでも悪くは無いのかもしれませんが、いまひとつ面白みに欠けます。アンケートに答えるのが3度の飯よりも好き!って人もあまりいないでしょうし。

 

楽しんで小遣い稼ぎ、という観点から僕はネットで気軽に応募できるコンテストを推します。

 

「登竜門」というサイトが面白い

「登竜門」というサイトを ご存知でしょうか?コンテストのポータルサイトで、日々新しいコンテストが登録されています。中には思わず首を傾げてしまう変わったコンテストもありますが、これだけ多くのコンテストがあれば、自分にも挑戦できそうなコンテストの1つや2つあるかもしれません。

compe.japandesign.ne.jp

 

どうせ無料だし、挑戦しても損は無い

「趣味はあるけど、コンテストに応募するような才能なんて無い」

なんて尻込みするのは勿体無いです。自分で気づいていないだけで、あなたの趣味は実は結構イケてるかもしれませんし、応募数の少ないマニアックなコンテストならラッキーパンチもあるかもしれません。どうせお金がかかるわけでもないのですから、応募するだけ応募しても損はありません。

 

ちなみに手前味噌ではありますが、僕は4月に応募した伊藤園主催の「お茶で琵琶湖を美しく。フォトコンテスト」で幸運にも伊藤園賞(一番下の賞)をゲットし、お茶のペットボトル24本をいただきました。しかも、構図とかを考えてがんばって撮った写真はまったく相手にされず、「お、琵琶湖見えてきた」と車の中から何気なくパシャっと撮った写真が入賞しています。

 

世の中何があるかわかりません。ラッキーパンチ狙いで気まぐれに何か応募してみても面白いのでは無いでしょうか?

 

ちなみに僕は現在下記コンテストに応募しています。節操無さ過ぎですね(笑)

  

第1回 深読み大賞 2015 | コンテスト 公募 コンペ の[登竜門]

 

www.kitamura.jp

 

www.hokken.co.jp

 

 

今回はこのあたりで。