私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

イライラする妻をなだめるために僕が実行している5つのこと

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

妻がストレスが溜まっている時に、僕が実行している方法について書いてみます。

 

イライラしたときに冷静になる方法 扶桑社文庫

イライラしたときに冷静になる方法 扶桑社文庫

 

 

 普段はどちらかと言えば僕のほうが気が短く、妻は穏やかな人です。しかし最近の妻は主に育児にストレスを抱えることが多く、自分で自分のイライラを抑えるのに苦労しているようです。

ストレスは万病の元、なるべく早く解消あるいは緩和させてあげることが、妻の健康、ひいては家庭円満へとつながります。

 

1.コーヒーブレイクをともに楽しむ

「妻が話を聞いてほしそうにこちらを見ている」ときは、コーヒーを入れて2人の時間を取るようにしています。コーヒーはリラクゼーション効果もありますし、一緒に飲みながら悩みや愚痴を聞くことで、妻もある程度すっきりするようです。

 

2.ちょっとしたサプライズを用意する

ちょっとしたサプライズを演出することが有効なことも。といっても、僕がやっているのは妻の好きなお菓子やファッション雑誌を予告無しに買ってあげるくらいですが。

意外性のある喜び、というのは心を軽くする効果があるようです。

 

3.マッサージで心身ともにリラックス

子ども達の相手や家事を毎日やっていると肩や腰が凝るようで、妻からたまにマッサージをお願いされるときがあります。マッサージくらいで心身ともにリラックスできるのであればお安いものです。

また、「2.」と組み合わせて、お願いされる前にこちらからサプライズ的にマッサージをしてあげるのも我が家では効果的です。ただ、タイミングを見誤ると逆効果になることもあるので、サプライズマッサージは難易度高め(笑)

 

4.自由な時間をプレゼントする

一番妻が喜んでくれるのがこれ。食べ物だとかマッサージだとか、そういういわゆるインスタントなストレス解消は繰り返すと効果が薄くなっていきます。

妻は常に育児と家事に追われてなかなか自由な時間が持てない身、それならば自由な時間をあげるのが最高のプレゼントになるはずです。

僕の仕事が休みな日に数時間~1日程度、妻に自由時間を取ってもらいます。主にショッピングやカフェなどに行っているようですが、自由時間を終えて帰ってくる妻は見違えるほど機嫌良くなっています。

また、「子どもたちが邪魔して家事が捗らない」ことが妻にとってのストレス源になることも多いため、逆に僕が子どもたちを連れて外出するのも効果的です。

 

5.根本原因を緩和・除去する

1~4で書いてきた内容は、言うなればすべて対処療法です。一時的にストレスを和らげたり解消したりはできるかもしれませんが、病気の治療と同じく、大事なのは根本原因に対処することです。

うちの妻の場合、イライラをつのらせるのは、育児・家事が大変なこと。それならば、育児・家事の負担をできる限り軽減してあげることこそが、イライラする妻をなだめるために最重要なポイントと僕は考えています。

どうして欲しいのか、をお互い話し合うことでストレスを未然に防ぐ生活が出来たら理想ですね。もちろん、完璧には無理ですが。

 

 

 

今回はこのあたりで。