読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

僕が意識高い人を尊敬するたったひとつのシンプルな理由

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

なんかはてブで「月間100万PVを目指しているなんて、充分意識高い系ですよ!」的なこと言われました。僕のような意識低い人間を捕まえて、やめてくださいよ、ほんと。全国意識高低審査委員会(将来設立予定)に訴えますよ!

 

まあ、そんな現時点でありもしない組織の話はさておき。こんなこと言っておきながら、別に意識高い人を嫌っているわけではありません。

 

意識高い人は僕にとって尊敬の対象です。

 

”ちょっと尊敬”される人になる本

”ちょっと尊敬”される人になる本

 

 

人間は自分の持っていないものを持っている人に憧れる

僕が意識高い人を尊敬するたったひとつのシンプルな理由。それは「僕が意識の低い人間だから」です。

面倒くさいことは大嫌い、明日の成功より今日の安楽を求める、それが僕です。

 

それに比べ、意識高い人のなんと立派なことか。彼らは常に自分を高める努力を惜しみません。「面倒くさい」などという意識低いワードとは無縁の世界に生きているのです。実に格好良い・・・

 

自分にできないことをできる人間がいる、尊敬や憧れの対象となるに充分な要素と言えます。

 

そういえば、蒸気機関車に憧れるのび太くんに対し、ドラえもんがこんなこと言ってた話がありました。

「君が蒸気機関車に憧れる気持ち、わかるよ。人間自分に無いものを持ってる存在に憧れるもんだ。蒸気機関車は強くて逞しくて雄々しくて、君と正反対だもんね!」

ドラえもんって結構ナチュラルに酷いこと言いますよね・・・

 

 

世の中尊敬の対象だらけ・・・

他にも、僕は運動神経悪いからスポーツ万能な人に憧れますし、勉強も大してできないので有名大学出てる人とか本当嫉妬尊敬しちゃいます。

最近ではいわゆるミニマリストと呼ばれる人たちを尊敬しています。「物を減らしてシンプルな生活を!」なんて口にするには容易いですが、実行に移すのは僕のような物に溺れて生活している人間にとっては本当に同じ人間かどうか疑わしいほどの難易度です。

 

僕レベルにダメな人間になりますと、常に全方位的に尊敬の意をばらまかなくてはならないので、実に忙しいです。ダメ人間が回りキョロキョロしてたら、挙動不審などと思わずに、その辺り察してあげてください。

 

 

今回はこのあたりで。