私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

胸なんてただの飾りです。エロい人にはそれがわからんのですよ!

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

なんでも、最近日本人女性のバストサイズが昔に比べてどんどん大きくなっているそうです。これを朗報と捉える人、悲報と捉える人、「どこの異世界の日本の話?」と信じたくない人、様々かと思います。

個人の趣味嗜好信念はさておき、少子化問題を抱える日本にとっては決して悪い話ではないと思います。

 

HGUC 1/144 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)

HGUC 1/144 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)

 

 

日本人女性のバストサイズ最多はCカップ、僅差でDカップが追い上げ

下着メーカー「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」のカップサイズ別売り上げデータでは、1位がCカップ、2位が僅差でDカップだそうです。

news.mynavi.jp

トリンプのブラジャーのカップサイズ別売り上げ推移をみると、2014年度は「Cカップ」(26.3%)、「Dカップ」(24.1%)が拮抗して1位2位。「Eカップ」「Fカップ」は上昇し、74.2%の女性が「Cカップ」以上、さらに「Aカップ」5.3%に対し「Fカップ」6.0%と「Fカップ」率が「A カップ」率を上回る結果となった。

2000年度の数値との比較では、A・Bカップでは2000年度の45.6%に対し 2014年度は25.8%とほぼ半減。一方、D・Eカップは2000年度24.6%に対し、2014年度40.3%と15.7ポイント増加している。「1980年では『Aカップ』が全体の6割近くを占めていたことから考えても、女性のカップサイズは30余年の間に驚くほど大きくなっているようです」と同社。

 

1位のCカップと2位のDカップの割合がかなり拮抗しています。しかもバストサイズは年々大きくなる傾向にあるとか。日本人女性のバストサイズが上昇している理由の分析については専門家の方にお任せするとして、DカップがCカップを抜いて1位に躍り出るのは時間の問題に思えます。

 

 

一方、日本人男性の考える女性の理想のバストはDカップ

こちらは美容外科「東京イセアクリニック」の調査した理想のサイズのデータです。

news.mynavi.jp

そこで、「胸の大きさ」について、理想とするカップサイズを答えてもらったところ、「Dカップ(50.0%)」が断トツ1位に。次いで「Cカップ(18.9%)」「Eカップ(16.7%)」と続き、「Aカップ」を選んだ男性は、なんとゼロだった。

 

男性の考える理想の胸のサイズはDカップのようです。しかも2位以下を大きく引き離してのダントツトップです。Dカップの人気のほどがうかがえます。

 

 

女性のバストサイズが男性の理想に近づきつつある?

女性の平均バストサイズがC~Dくらい、男性の考える理想のサイズがDくらい。そして年々女性のバストサイズは大きくなっている。つまり、男性の理想が現実になりつつあるということです。

日本の少子化問題の一因は、男性の草食化にあるという説があります。男性があまり女性を口説かなくなったと。この説がどの程度正鵠を射ているのかは正直怪しいと思っていますが、もしこれが少子化問題の大きな原因の一つだとすれば、この日本人女性のバストサイズアップ傾向は朗報なのでは無いでしょうか?

 

もちろん男性が女性の胸のサイズだけで付き合う相手を選んでいるわけでは無いでしょうし、女性の側にも当然選ぶ権利があるし、実際結婚するときは顔がどうのスタイルがどうのという浮ついた要素以外にも、価値観の合うわないとか経済的な理由も大きいでしょう。

しかし、そういった諸々の問題以前に男女が互いに異性に興味を持たないことには何も始まりません。理想のスタイルの女性が増えることをきっかけに、草食系男性が肉食系男性にジョブチェンジしてくれれば、これは大きな一歩と言えるのでは無いでしょうか?

 

 

ちなみに今回の記事タイトルはちょっと上手いこと言ってみようとしただけで、僕の趣味嗜好とは一切関係ありません。本当ですよ?
まあ、妻にはこの記事タイトル読まれて、

「KENちゃん、世の中の人がみんなKENちゃんみたいな脚フェチだと思ったら大間違いだよ?」

とかよくわからないこと言われてしまいましたが。

 

 

今回はこのあたりで。