読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

突出した能力や知識が無い人は、雑記系ブログを書けばいい!

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

自分もブログを始めてみたいけど、わざわざ何かを発信するような得意分野も知識もないし・・・と躊躇している人がいたら、雑記系ブログを書けばいいと思います。

 

 

自分の得意分野、強みってなんだろう

古い記事ですが、サキ (id:masaki709)さんがこんな記事を書いていました。

honeysuckle.hatenablog.jp

 

ブログを始めたきっかけ、他のブロガーとの交流、初バズの経験・・・など書かれていますが、僕がガツンと来たのはこの言葉。

 

「何が書けるの?何が得意なの?」

 

ふむ・・・考えてみると、僕の得意なことって何なんだろうかと小一時間・・・すみません嘘言いました。5分ほど考え込んじゃいました。

 

 

ひとつひとつの能力が大したことないのなら、組み合わせればいい

僕の職業はシステムエンジニアです。一応専門職の端くれかもしれませんが、世の中システムエンジニアという職についている人など五万といます。そして別に僕は技術力が傑出して高いわけでもありません。

 

僕は意識低い系サラリーマンを自称しています。向上心が低く愚痴ばかり言ってるサラリーマンのことです。前出のシステムエンジニア以上に世の中に山ほど溢れてそうですね。

 

僕は写真を撮るのが好きで、Nikonのミラーレスカメラを愛用しています。でも好きなだけでテクニックはいまだに初心者レベルだし、構図とかのセンスもつたないものです。

 

僕は資産運用に興味があり、実際に投資信託や個別株に投資していますが、いまどき個人投資家なんてそう珍しい人種でもありません。

 

僕は妻と二人の子どもとの4人家族です。最近晩婚化や非婚化が進んでいるとはいえ、家庭持ちも特段珍しいわけではないですね。

 

でも・・・システムエンジニアで意識が低くて写真が好きで投資している家庭持ち、となるとこの全ての属性を持っている人はそんなに多くないんじゃ無いでしょうか?
ひとつひとつの能力や知識が大したこと無いのならば、それら全てを組み込んだ雑記系ブログを書けば、差別化できる気がします。

 

 

何もできないけど何でもできる

人に自慢できるほどの知識があるわけではない。でも雑記系ブログというものは何を書いても良い。何もできなくたってひたすら興味のあることや自分の考えや愚痴を書き綴っていけば、それは世界に2つとないブログになる・・・ような気がします。

 

何が言いたいかというと、ブログ書こうかどうか悩んでいるヒマがあったらとっとと書いちゃいなYO!ってことです。ブログって不思議なもので、書いてるうちに自分でもよくわからないテンションになってきて、思いも寄らないこと書けたりするもんです。少なくとも自分だけは楽しいですよ。

 

 

今回はこのあたりで。