読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

もしも将棋の駒たちがみんな「意識低い系」だったら

意識低い系という生き様

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

もしも、将棋の駒たちがみんな「意識低い系」だったらどうなるか、考えてみました。 

 

 

意識低い系の歩兵

「なんでいつも俺らばっか先頭なんスか?たまには王様が先に行ってくださいよ。そんな王様にシビれる!あこがれるゥ!」 

 

 

意識低い系の香車

「1ゲームに動くマスは3マスまで、っていう自分ルール作っていい?」

 

 

意識の低い桂馬

「(侵攻してきた敵軍の飛車に対し)僕よりも先に香車取るといいですよ!」

 

 

意識低い系の角行

「開始後3手目で退場して、盤外でのんびりしたい」

 

 

意識低い系の飛車

「すみません、今日ちょっとモチベーション上がらないので休みます(飛車落ち戦)」

 

 

意識低い系の銀将

「金将君が『王様を守るのは俺1人で十分だ!』って言ってたので、僕は要らない子ですよね?え、攻め?やだなぁ、攻めるのは飛車君や角君の役目で僕の出る幕はないですよ~」

 

 

意識低い系の金将

「別に俺らがわざわざ王様守らなくてもさー、歩兵のやつが『と金』になって戻ってくればいいだけの話っしょ?」

 

 

意識低い系の王将

「いいからお前ら働けよ!俺?俺は一歩もここから動く気ないけど?*1

 

 

 

カオスな将棋になりそうだ。

 

 

関連記事 

530000micro.hatenablog.com

 

 

今回はこのあたりで。

 

*1:王将が最初の位置から動かないのは居玉と呼ばれ、一般的に防御力が低くて良くない陣形とされています。