読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

いま愛用しているカメラを選んだ理由

カメラ・写真・旅

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

ブログでも何回か書いてきましたが、永遠の初心者カメラマン・KENはミラーレス*1Nikon 1 J2を愛用しています。

 

今回は、僕がこのカメラを選んだ理由について。

 

Nikon 1 J2を選んだ理由(真実)

安かったから、です。これだけです。

1年ちょっと前にAmazonでNikon1 J2の標準ズームレンズキットを2万円ちょっとで買いました。ミラーレスとはいえ、かなり破格の安さです。当時は後継のJ3が出ていたため(J4も既にあったような気がする)、型遅れのJ2はかなり値崩れしていました。

型遅れとはいえ、デジカメの心臓部ともいえる撮像素子*2の大きさ1インチは変わらないし、細かい機能面の変更が主だったので、J2でも十分と判断しました。

買った当時は今以上にカメラの知識が無かったため、「とにかくミラーレスが欲しい!予算無いし妻の目もあるのでなるべく安いの!」という、実に安直な理由でこのモデルに飛びつきました。

ただ、何も考えずに購入したものでも、後付け理由により「僕はこのカメラを手に入れる運命だったんだ!」と考えるのは得意、というか好きなので、今回も後付で理由を考えてみます。

 

 

Nikon 1 J2を選んだ理由(後付け)

僕がこのカメラを選んだ理由、それは「常に持ち歩く嬉しさを味わえる」からです。

一眼レフだと、本体+レンズでかなり嵩張ってしまい、重くもなります。基本的に無精者の僕は、これではカメラを持ち歩かなくなる可能性があります。いくら良いカメラでも、持ち歩かないことには使えないし、使えないことには意味がありません。

その点、Nikon 1 J2はコンパクトデジカメに近いサイズなので、気軽に持ち歩いて、心の赴くままにパシャパシャ写真を撮り、カメラマン気分を味わえます。

また、デザインも気に入っています。やや無骨なデザインですが、メッシュ状のシンプルな外観、金属の質感、持ったときのズシっと来る感じ。良いです。

コンパクトで持ち歩きやすく、かつ持ち歩いて楽しいデザイン。画質もコンパクトデジカメよりはずっと上。まさに3拍子揃った素晴らしいカメラと言えます。

 

ひとつだけ残念な点が、有効画素数が1015万画素と控えめなところです。普通に撮っている分にはあまり不便はありませんが、余計なものを映しこんでしまったときにトリミングをためらいます。ますます解像度が低くなってしまいますので。

しかし、「シャッターチャンスは一度きり!あとでトリミングすることを考えるより、その瞬間に全力をかけろ!」という心がけを僕に与えてくれると考えれば、むしろ画素数は少なめで良かったのかもしれません。無理やりですが。

 

 

以上の理由により、僕とNikon 1 J2は出会うべくして出会った最高のパートナーなのです。Nikon 1 J2のほうが僕をどう思っているのかは知りません。

 

 

今回はこのあたりで。

 

*1:一眼レフカメラ同様にレンズ交換可能だけど、光学式ファインダーが無いタイプ(電子ファインダーや液晶画面で画を確認する)

*2:レンズから入ってきた光を電気信号として蓄えるための素子。これが大きいほど画質が良くなり、ボケやすくなる