読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

「好きの反対は嫌いじゃなくて無関心」って言うけど、ちょっと違うんじゃないかな

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

「好きの反対は嫌いじゃなくて無関心」って話、聞いたこと無いですか?僕はこれ最初聞いたときに「ほー、なるほどねぇ」って思ったんですが、よくよく考えてみるとこの説はちょっと違う気がします。「好きの反対は嫌いまたは無関心」が正確ではないかと。

実際には下の図のような感じじゃないですかね。

 

好き・嫌いのグラフ

 

「関心度」軸で考えれば、たしかに好きの反対は無関心です。しかし、「好み」軸で考えれば好きの反対は嫌いになります。逆に言うと、無関心の反対は「好きもしくは嫌いという関心のある状態」ということになりますね。

 

わざわざ図まで描いて記事にしてみましたが、同じようなツッコミしている人は多そう。「何をいまさら」感が漂っているかもしれませんが、なんとなく指摘してみたくなったので。

 

 

今回はこのあたりで。