私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

子どもにデジカメを買ってあげようとしたら、妻に反対された

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

上の子(4歳)にデジカメを買ってあげたいのですが、妻に反対されました。

 

最近上の子がカメラに興味津々です。僕が写真撮ってると、貸して貸してと奪っていこうとします。使い方教えたらパシャっと撮って楽しそうでした。
カメラが近くにないときは、積み木とかリモコンとかをカメラに見立てて、パシャっとやってます。

何にでも興味を示すのは良いこと。僕には写真の才能はありませんが、ひょっとしたら子どもには才能があるかもしれない。それならば小さいうちから慣れ親しんでおくのも良いでしょう。

僕は普段ミラーレスを使っているので、あまり使っていないコンデジを貸してもいいのですが、壊されると嫌なのでボタン類が多くて子どもにはちょっと難しいかも。誤操作するかもしれないし。

それならいっそ、子ども用のデジカメとか買ってあげてもいいかもしれない。
こんなの↓

フィッシャープライス キッズ・タフ・デジタルカメラ スリム ブルー (W1459)

フィッシャープライス キッズ・タフ・デジタルカメラ スリム ブルー (W1459)

 

 

自分の中では既に買う気満々の状態で妻にこのことを相談したところ、反対されました。

 

「せっかく積み木とかをカメラに見立てて遊んでいるのに、本物を買い与えてしまってはかえって子どもの想像力を奪ってしまう気がする。」

「欲しいものはすぐに買ってもらえる、と思わせるのは良くない。」

「そもそもあなたは子どもに甘すぎる。」

 

むぅ、ここまで立て板に水で反対されてはなかなか返す言葉が無い。言ってることも正論っぽいし。

 

とりあえずすぐに買い与えるのはやめて、誕生日まで待ってまだ興味持ってたら再検討しようかな。

 

 

今回はこのあたりで。

 

 

【関連記事】

530000micro.hatenablog.com