読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

他人とのコミュニケーションの秘訣って「パターンをいくつ知っているか」だと思う

仕事・働き方・社畜

コミュニケーション能力の高い人っていますよね。そういう人ってたいてい天賦の才というか、とくに意識していなくても自然体で上手にコミュニケーション取れて他人からの好感度高くなるんですよ。

 

コミュニケーション能力を鍛えよう! 聴く技術と伝える技術

コミュニケーション能力を鍛えよう! 聴く技術と伝える技術

  • 作者: 森田幸孝
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス
  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

僕は元々人付き合い下手なほうで、学生時代もそんなに友達多いほうではありませんでした。少数の気の合う連中とだけつるむ、って感じで。

でも、社会に出たらそんなことも言ってられないですよね。気があう相手だろうがあわない相手だろうが、最低限のコミュニケーションをとらなければ仕事なんてやっていけないわけで。

で、コミュニケーション能力が地を這っている僕がどうしたかっていうと、コミュニケーション能力の高い人間のコミュニケーション方法を自分の頭の中でパターン化しながら、ひたすら盗みました。

  • 気難しい客と話すとき
  • いい加減な上司と話すとき
  • 生意気な後輩と話すとき


それぞれのシチュエーションに最適なコミュニケーションのとりかたというものを、コミュニケーション能力の高い人たちは自然に実行しています。そういった情報を自分の頭の中に蓄えていくことにより、完璧には程遠くても、それなりにコミュニケーションが円滑にとれるようになった気がします。コミュニケーション能力が向上したのではなく、コミュニケーションの取り方のパターンを覚えただけです。

Aタイプの人間と、Bについて話すときは、Cパターンのコミュニケーションを実行すればよい。

といった具合に。もちろんこのパターン数はどんどん増やしていかないとダメですけどね。面倒くさいけど、コミュニケーション能力の低い人間が社会で生き残るための1つの方法だと思います。

 

 【関連記事】

530000micro.hatenablog.com 

530000micro.hatenablog.com

530000micro.hatenablog.com