読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

「占いなんて当たらない」そんなふうに考えていた時期が僕にもありました

生活・家族・育児

ある日のこと。

普段全然仕事できない僕には珍しく、その日は妙に調子が良かったんですよ。

とあるプロジェクトでシステムの性能向上のためのアイディアをみんなで出し合っていたんですが、クライアントや上司の提示したアイディアよりも僕の提示したアイディアのほうが遥かに高いパフォーマンスを発揮しましてね。

 

「どや!これが俺の本当の実力だぜ!!」
とまあ、わかりやすく有頂天だったわけです。普段厳しいクライアントや上司からもべた褒めされました。

 

で、るんるん気分でその日帰宅していたわけですが、駅の電子掲示板にその日の星座占いが表示されてまして、僕の星座(かに座)の運勢も出てました。

 

「12位:かに座 何をやっても上手く行かない日。周りから心無い言葉を浴びせられて傷つくかも」(うろ覚え)

 

占いは信じないけど気にはなる、という難儀な性格の僕。普段ならこんなこと書かれていたら憂鬱な気分になっちゃうんですが、この日は別でした。なにせ、この日は真逆のことが起きたわけですから(仕事上手く言って、周りから褒められまくり)。

 

「ふう、やれやれ、これだから占いなんて当てにならないんだよ」と、帰ってからドヤ顔で妻に仕事で褒められた話と占いの内容を報告しました。妻は僕と違って結構占い好きなのです。

 

妻「それはおかしいね・・・ひょっとしてKENちゃん、かに座じゃ無いんじゃないの!?」

 

f:id:ken530000:20160908065256j:plain

占いを疑う代わりに夫の星座を疑う最愛の妻。ひょっとして占いにあった「周りからの心無い言葉」ってこれなんですかね・・・占い当たってるじゃん!