私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

モビルスーツ「ザク」の超個人的ランキング

リアルロボットアニメの定番中の定番「機動戦士ガンダム」に登場する「ザク」について。やられ役として鉄板の地位を築いていますが、渋すぎるフォルムや豊富な機種バリエーションから、根強い人気を誇っています。

 

そんなザクのバリエーションの中から、勝手にベスト5を決めてみました。

 

5位:ザクI(旧ザク) 

1/100 MS-05 旧型ザク (機動戦士ガンダム)

1/100 MS-05 旧型ザク (機動戦士ガンダム)

 

通常「ザク」とだけ表記した場合、「ザクⅡ」のことを指すことが多いため、こちらのザクⅠは「旧ザク」と呼ばれることが多いです。

アニメ「機動戦士ガンダム」劇中の1年戦争が始まった時点ですでに旧式という悲しい運命を背負った機体ではありますが、モビルスーツの始祖的存在であり、ザクのランキングを語る上では外すことはできません。 

 

4位:ザクⅢ 

アニメ「機動戦士ガンダムZZ」に登場。1年戦争の傑作機「ザクⅡ」の発展型です。ドーベンウルフとの次期主力争いには敗れるものの、ネオジオンのエースパイロット「ラカン・ダカラン」が搭乗し、活躍します。

ザクⅡ直系の後継機であり、ザクⅡの汎用性そのままに性能を突き詰めるところまで突き詰めた、という感じが実に格好良いです。

 

3位:ザクII F2型 連邦軍仕様

HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 連邦軍仕様 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

HGUC 1/144 MS-06F-2 ザクII F2型 連邦軍仕様 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

 

アニメ「機動戦士ガンダム0083」に登場。1年戦争後、連邦軍に接収されたザクII F2型(後期生産型)を連邦カラーに塗り替えたタイプ。

かつて連邦軍に辛酸を舐めさせたジオンのザクが連邦側のMSとして登場する。これだけでも中二心をくすぐるには充分ですが、「機動戦士ガンダム0083」劇中でこのザクを見たジオン兵士のセリフがこれまた格好良い!

ジオン兵士「連邦に下ったのか。その姿は偲びん」

嘆きつつも、憤りを隠せない心情が端的に表れてますね。ジオン兵士にとっての、ザクというモビルスーツの存在の重さがうかがい知れます。

 

2位:ザクII F型 

RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)

RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)

 

単純に「ザク」とだけ呼称する場合は、大抵この機種のことを指すことが多いですね。1年戦争当時、連邦ジオン両軍の中で最も多く生産された傑作機です。

ガンダムのゲームとかだと大抵雑魚MS扱いなんですが、ギレンの野望で連邦軍を選択した場合に、序盤でザクⅡF型の脅威をイヤと言うほど味わうことが出来ます。トリアーエズとか61式戦車とかでザクⅡの相手しなくちゃいけないなんて無理ゲーもいいとこですよ!

 

1位:サイコミュ試験型ザクⅡ

サイコミュ兵器を試験するためにザクⅡをベースに改造されたモビルスーツ。無理やりサイコミュ搭載してみました感がたまらなく好きなので、1位にしてみました。

昔バンダイが発売していたカードダスでこのモビルスーツの存在を初めて知った少年時代。たしかHPが80で「いくらサイコミュ搭載してるとはいえ、なんでこの機体がリガズィと同じHPなんだよ!!」とリガズィ好きの僕は憤っていた記憶があります。

関連記事

www.ishikihikui-kei.com

 

憤りが去った後、「試作機」でも「量産機」でもない「試験機」という位置づけが少年時代の僕の心の琴線に触れ、妙にお気に入りの機体になりました。

 

 

以上、ザクの超個人的ランキングをお送りしました。

 

関連記事