意識低い系ドットコム

漫画の感想、IT業界のよもやま話、古銭収集など、雑多な話題を意識低くお届けします

IT系エンジニアになって3年経過したら「応用情報技術者試験」に挑戦しよう!

f:id:ken530000:20191220231036p:plain

 

 IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が実施している情報処理の資格試験の1つに「応用情報技術者試験」があります。

 

「基本情報技術者試験」の1ランク上の試験で、シニアプログラマやシステムエンジニア向けの資格とされています。

 

IT系エンジニアになって3年ほど経過し、そろそろ1人前の仕事ができるようになってきた・・・という自負のある人は、是非挑戦したい資格試験です。

 

本記事では、応用情報技術者を取得するメリットと試験勉強のコツを書きます。

 

  • 取得するメリット
    • 資格手当美味しい
    • 会社やクライアントからの評価アップ
    • 就職・転職時に有利
  • 連続受験がおすすめ
  • 午前問題はひたすら暗記!
  • 午後問題は経験がモノを言う

 

続きを読む

僕がブタヤマさんだったら、まずはキャベツくんをクジラに食べさせて、キャベツ化クジラを食べる

「キャベツくん」っていう絵本、知ってる人いますか?

 

  • キャベツくん
  • キャベツくんとブタヤマさん
  • ブタヤマさんったらブタヤマさん

など、シリーズで何冊も出ているロングセラー絵本で、キャベツ人間の「キャベツくん」と豚人間の「ブタヤマさん」の織り成すシュールな物語です。

 

今回の記事では、その中の一冊「キャベツくん」について、ちょっとツッコミを入れてみたいと思います。

 

 

続きを読む

「さよなら妖精 新装版」に収録された書下ろし短編「花冠の日」を読んだ感想

米澤穂信さんの代表作の1つ「さよなら妖精」の新装版を買いました。

 

新装版に収録されている書下ろし短編「花冠の日」を読んで色々思うところがあるので、感想を書き散らかしてみます。ネタバレ含んでますので、 未読の人はご注意ください。

 

また、余計なお世話を承知で言いますが、

「さよなら妖精本編は昔読んだことあるから、書下ろし短編だけ先に読んじゃおう」

と思っている人がいましたら、本編を再度読み直してから書下ろし短編「花冠の日」を読むことをおすすめします。

 

昔読んだ記憶が曖昧になってるかもしれませんし、本編読了から間を置かずに読んだほうがずっと楽しめると思います。 

 

 

  • 物語としては蛇足だけど、哲学的な意味はある
  • もし紫陽花のバレッタがなかったらどうなってた?
  • 人間の哀しさと美しさが10ページ強の物語に凝縮されている
  • 関連記事

 

なお本記事の対象読者は「さよなら妖精」を読んだことがあることを前提としてますので、本編の細かい説明は省きます。

 

続きを読む

漫画「夫の扶養からぬけだしたい」を読んだ感想

「収入が無い」

「家事・育児がちゃんとできていない」

と、夫から嫌味を言われたりマウントを取られている妻が、物理的にも精神的にも夫から独立するために奮戦する漫画「夫の扶養からぬけだしたい」を読みました。

 

若干ネタバレ含みつつ、感想をつらつら書いてみます。 

 

 

  • 暴言を吐く夫
  • 「相手のつらさに気づいていない」という点ではどちらも同じ
  • 弱音なんてお互いさらけ出しまくればいい
  • 関連記事

 

続きを読む

セックスレスに悩む既婚男女を描いた漫画「あなたがしてくれなくても」

夫婦間のケンカや不仲の原因と言うと、

「家事・育児分担や考え方の違い」

「互いの生活習慣の違いからくるストレス」 

などがポピュラーかもしれませんが、 他にも切実な原因の1つに「セックスレス」が挙げらるかと思います。

 

なかなか他人に話せるテーマでも無いので表には出てきにくい問題ですが、日本の夫婦の半分近くがセックスレス状態(1か月以上セックスをしていない)というデータもあるようです。

 

下記リンク先の記事によると日本は世界の中でもセックスレスの割合の高い国とのことです。

セックスレスの割合をパターン別に紹介。その原因と対処法-ミラープレス

 

 

今回の記事では、セックスレス状態にある男女の悩みや葛藤を生々しく描いた漫画「あなたがしてくれなくても」を紹介します。・・・もうタイトルからしてドロドロの予感しかしないですね(笑)

 

 

続きを読む

「要件定義」を極めて年収アップを狙うシステムエンジニアが読んでおきたい本

f:id:ken530000:20191024225714p:plain

「ウォーターフォール・モデルなんて時代遅れだ」

と何年も前から言われつつも、日本のシステム開発の現場では未だポピュラーな開発手法の1つとして根強く生き残っています。

ウォーターフォール・モデル - Wikipedia

プロジェクトによって工程の定義に差はあるが、開発プロジェクトを時系列に、「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)にトップダウンで分割する。

 

全ての会社がそうとは言いませんが、基本的にシステムエンジニアはウォーターフォール・モデルの上流工程に行けば行くほど高収入になる傾向があります。「要件定義」「外部設計」などを担当するスキルを持ったシステムエンジニアは有利です。

要件定義(RD)とは - IT用語辞典 e-Words

要件定義とは、システムやソフトウェアの開発において、実装すべき機能や満たすべき性能などのを明確にしていく作業のこと。いわゆる上流工程の一部で、実際の開発・実装作業を始める前に行う作業の一つである。

 

逆に言えば、システムエンジニアとして収入アップを狙うなら上流工程のスキル・ノウハウの獲得を目指すべき、とも言えます。

 

今回の記事では、上流工程の1つである「要件定義」を実践的に学習するためのおすすめ本「演習で身につく要件定義の実践テクニック」を紹介します。 

 

 

  • 概要
  • 第1章「5ステップでわかる要件定義」
  • 第2章「要件定義のコミュニケーションスキル」
  • 第3章「要件定義の7つ道具」
  • 関連記事

 

IT・Web業界に強い転職エージェント
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

 

続きを読む

【学生&未経験者向け】基本情報技術者試験・午後問題の言語は何を選択すればいい?

f:id:ken530000:20191120220028p:plain

基本情報技術者試験の最大の障壁は何と言っても午後問題のプログラミング言語問題ではないでしょうか?

 

特に業界未経験の人にとってはどの言語を選ぶかも含めて悩みどころだと思います。

 

今回の記事では、学生さんやIT業界未経験の人に向けて、午後問題プログラミング言語を選択する際の1つの目安をお話しします。

 

 

続きを読む