私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

IT業界の人手不足はリーマンショック直後の大量リストラが原因の1つだと思う

f:id:ken530000:20181016230951j:plain

IT業界の人手不足が年々深刻になっています。Wikipediaにも「IT業界離れ」という項目があるほどです。

 

人手不足の原因は様々な要素が複合的に絡まっていると思いますが、その原因の1つに「リーマンショック直後の大量リストラ」がありそうな気がします。

 

 

マイナビエージェント×IT

 

 

リーマンショック直後の大量リストラ

まだまだ最近の話のような気がしていましたが、リーマンショックってもう10年も前の話なんですよね・・・

 

リーマンショック直後はどの会社もIT関連予算減らしまくってて、その煽りをモロに受けたのがシステムの受託開発を行うSIerでした。僕が以前勤めていたシステム開発会社も、リーマンショック後の1年ほどの間に技術者を半分くらい切ってしまいました。

 

 

若手技術者がIT業界に見切りをつけて去っていった

不況時に人員整理して人件費を圧縮するのはある程度は仕方ないことなのでしょう。問題は、

「即戦力になる中堅技術者は残し、新人~5年目くらいの若手と給料の高い年配技術者を中心にリストラしていった」

ことです。(あくまで僕がいた会社の場合は、ですが。他のIT会社の友人たちに話を聞いたところ、どこも似たり寄ったりだった模様です)

 

特に、若手技術者を大量に切ったのは悪手中の悪手だと思うんですよね・・・その場はよくても、5年後10年後に人材不足に陥るのは目に見えているじゃないですか。実際、現在人手不足なわけだし。

 

リストラされた若手社員とは、その後もしばらく連絡を取り合っていた人が何人かいましたが、IT業界に見切りをつけて他業種に流れていった人も多くいました。

 

 

去るも地獄、残るも地獄

「他業種に流れていった」と簡単に書きましたが、実際は転職活動はかなり大変だったみたいです。何せあの時期、不景気だったのはIT業界に限った話ではありませんでしたから・・・

 

僕もあの当時一応「若手」にギリギリ分類される年でしたが、リストラにはあいませんでした。しかし、会社に残った人間には去っていった人間以上の地獄が待ち構えていました。

 

  • 不景気でまともな仕事はほとんど無い
  • でも何か仕事を取らないと食い扶持が確保できない
  • 普段なら受けないような無茶苦茶な条件(短納期・高難易度)の仕事を営業が取ってくる
  • 大量リストラ後なので技術者は通常の半分しか居ない

 

こんなん、炎上プロジェクトまっしぐらになるのは誰の目にも明らかでした。月間残業時間が200時間を越える月もあり、ほんと冗談抜きで死ぬかと思いました・・・

 

リストラ嵐に耐えて残った技術者たちも、途中体を壊したり心を病んだりして何人も離脱していきました。僕はこの当時結婚したばかりで、妻の支えもあってなんとか踏ん張りましたが、もう二度とこんなこと経験したくないです・・・

 

離脱していった人の中には、そのまま退職&IT業界から離れた人もおり、ますます人材難に。

 

 

IT業界は年配者だらけ

そんなこんなで若手技術者や中堅技術者がすり潰された結果、昨今のIT業界は年配エンジニアの比率が多くなった気がします。50代のプログラマとか普通に見かけますもん。

 

「プログラマ35歳定年説」とは一体何だったのか・・・まあ、人がいないのだから何歳でもいいからプログラマやってくれって感じになっちゃってますね。

 

 

今後人手不足は解消するか?

プログラミングを必修科目にする動きもあり、政府としてはIT関連技術者を増やしたがっているように見えますが、実際それでIT業界の人手不足が解消されるかというと、かなり難しい気がします。

 

仮に給料や待遇面が改善されても(実際最近少しずつ改善されつつあります)、IT業界のネガティブイメージはすっかり定着しちゃってますし、今の若者も10年前に会社都合でエンジニアがばったばったと切られていくのを目の当たりにしてるわけですからね。不信感はぬぐえないかと思います。

 

そもそも、あれだけ大量に技術者切りをしたり、残った技術者を雑に使い潰しておいて、いまさら「人が足りないから来てくれ!」というのも虫が良すぎる話ですよね。

 

逆に言うと、IT業界に就職・転職を考えている人は超売り手市場なのでチャンスではあります。複数の会社を天秤にかけて、少しでも条件の良い会社を選びましょう。

 

マイナビエージェント×IT

 

 

【余談】「未経験者歓迎」という甘い罠

 IT業界はとにかく人が足りない。企業側もなりふり構わずに人を採りにいくものだから、30歳未満くらいの年齢なら「未経験でも歓迎!」という求人も多く見かけます。

 

しかし、本当にまったくの未経験の状態でいきなり飛び込むのはリスキーな行動です。下記記事でも未経験でプログラマになった人が辛い思いをされているようです。

anond.hatelabo.jp

 

 

トルコや南アフリカといった新興国の債券が何故利息が良い(10%とか20%とか)かというと、それだけの利息をつけないと誰もお金を貸してくれないからです。

 

何故IT業界が「未経験でもいいよ!」と言うかというと、それくらい緩い条件にしないと人が来てくれないからです。

 

甘い話には裏があるのは当然ですので、未経験でIT業界に飛び込もう考えている人は、就職前にプログラミングを独学で学ぶなりしてある程度準備をしておいたほうが無難です。

 

 

オンラインブートキャンプ はじめてのプログラミングコース