私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

【古銭】東京オリンピック記念1000円銀貨と100円銀貨の販売相場&買取相場について

 

今回は、日本で最初の記念硬貨である昭和39年銘「東京オリンピック記念1000円銀貨&100円銀貨」について。この記念硬貨は発行枚数が非常に多いので、どの家庭にも1枚か2枚くらいはあったりするんじゃないでしょうか?

 

「東京オリンピック記念1000円銀貨&100円銀貨」の販売相場や買取相場について書きます。

 

 

東京オリンピック記念100円銀貨

まずは100円銀貨のほうから。

 

f:id:ken530000:20181028181028j:plain

f:id:ken530000:20181028181027j:plain

 

100円銀貨の表の図(聖火および五輪)は公募によって選ばれた前島昌子氏のデザインです。品位.600の銀貨で、2.88gの銀が含まれています。

 

貴金属のコインなので販売相場&買取相場も高いのかな・・・?

 

というとそんなこともなく、販売相場は300円~500円ほど、買取相場もほとんど額面の100円~200円程度です。*1 

 

「なんで50年以上も前の記念銀貨なのに値上がりしていないの?」

 

と思われるかもしれませんが、東京オリンピック記念100円銀貨は発行枚数が8000万枚もあり、数の多さがネックになっています。当時の日本国民1人あたり1枚を目安としたそうです。

 

これだけ数が出回ってると、なかなか値上がりは期待しにくいです。

 

 

東京オリンピック記念1000円銀貨

お次は、1000円銀貨。

 

f:id:ken530000:20181028192402j:plain

f:id:ken530000:20181028192404j:plain

 

コイン表の図は造幣局内でデザインされたもので、日本を象徴する富士と桜が描かれています。ありがちといえばありがちなデザインですが、威風堂々としてなかなか立派です。品位.925の銀貨で、銀が19.5g含まれています。

 

1000円銀貨の販売相場には若干のプレミアがついていて、未使用品であれば5000円ほど。そこそこ綺麗な品なら3000円くらいします。買取相場は2000円~4000円ほど。

 

発行枚数は1500万枚で、当時の日本の各世帯毎に1枚持てるように、との目安で発行枚数を決めたそうです。

 

100円銀貨に比べると少ないとはいえ、これでも相当な数です。発行当時はこの1000円銀貨が非常に人気があり普段コインに興味の無い人も金融機関に並んで買っていました。実家の箪笥とか探せば1枚くらい出てきてもおかしくは無い感じですね。

 

富士と桜をあしらったデザインの良さ、直系35mmの堂々たる大型銀貨、当時の国民的人気などを背景に、発行枚数の多さの割には販売相場&買取相場の高いコインと言えるでしょうね。

 

 

記念硬貨を高く売るには

東京オリンピック1000円銀貨であればそこそこの値段での買取が期待できますので、もしこの銀貨を所有してて、

 

「高価売却して小遣い稼ぎをしたい!」

 

という人は、下記記事を参考に買取業者を探してみてください。 

 

*1:コインの状態によって相場は変わります。