読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

「月極広告」という名の不労所得の魅力について

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

ブログの収益化の方法として、アフィリエイトやAdsense等のクリック型広告も良いですが、安定した収入源としては、ひと月掲載したらいくら、という形態で契約する月極広告が魅力的です。

今回はこことは別で運営しているコレクション専門ブログで月極広告を受注したお話を交えつつ、月極広告について考えてみます。

  

 

クライアント側からオファーが来た

月極広告を受注する方法としては、あらかじめブログ内で広告掲載可能な位置に「広告主募集中」みたいなバナーを出して募集する方法もありますが、僕の場合はクライアント側からオファーをいただきました。

 

多分ですが、コレクションカテゴリのブログランキングで僕のブログが上位常連だったために、コレクションアイテムの販売ショップの担当者の方の目に止まったのかな、と思います。
というのも、そのショップのオウンドメディア(自社ブログ)も同様のブログランキングに登録していたのですが、ランキングは10位~20位とあまり振るってない模様。
「それならいっそ上位のブログに広告のオファー出したほうが早くね?」
と担当者の方が考えたのかもしれません。

 

クライアント側に自分のブログの存在をアピールする上でも、ブログランキングに登録するのは有意義と言えます。

 

最初は何かの詐欺かと思った

依頼メールが来たときは、

「これ、本当にこの○○ショップからの依頼?なりすましじゃないの?」

と疑いました。

 

とりあえず、そのショップ名で検索してヒットしたサイトに載せてある問い合わせメールを確認してみました。すると、依頼メールとは違うアドレス。
サイトに載せてあるほうのアドレスに連絡し、

「~という広告依頼メールが来ましたが、なりすまり予防のために確認メールを出させてもらいました。」

的なメールを送り、裏を取りました。

 

ちょっと用心深すぎる気もしますが、ネットの世界は詐欺話も普通に転がっていますからね。僕みたいなそそっかしい人間は慎重にいくにこしたことはないのです。

 

530000micro.hatenablog.com

 

 

広告掲載費は1PV=0.5円くらい

あらかじめ決まった価格で広告を掲載する契約なので、日々のアクセス数や広告のクリック数には左右されませんが、「月々の契約料金」÷「月間アクセス数」はだいたい0.5円くらいでした。
これを割が良いと考えるか悪いと考えるかは人によると思いますが、僕がそのブログでやっていたアフィリエイトやクリック広告は1PVあたりせいぜい0.1円程度だったため、かなり美味しい話でした。

ちなみに、月々の契約料金の決め方ですが、相手側が出した条件を僕がそのまま丸呑みしました。最初はこちらに「いくらくらいで広告掲載可能ですか?」と聞いてきたのですが、バカ正直に「相場よくわかんないんで、そちらで決めてください」と言ってしまい、掲載料金が決定しました。

後になって知ったのですが、その広告を掲載する場所で得ていたアフィリエイト収入やクリック広告収入に多少色をつけた価格を提示する、というやり方があるみたいですね。なるほど、と思いました。

 

www.daisuiseishocker.com

 

なお、僕の場合は契約更新を3ヶ月ごとに行っており、広告費に見合った成果が出ていないとクライアントが判断したら、契約終了となります。

 

 

 より「不労所得」に近い

ブログで収益を得ることは「不労所得」の一種と考えることもできます。

しかし、アフィリエイトやクリック型の広告による収益は安定性にかけるうえ、常にブログを更新しつづけてアクセスを維持しないと収益も右肩下がりになってしまいます。

その点、月極広告はちょっとやそっと更新をサボってアクセスが落ちても、収益は一定です(あまりサボりすぎると契約打ち切られちゃいそうですが)。
より「不労所得」の名に相応しいと言えるのでは無いでしょうか。

 

 

雑多ブログでは月極広告は厳しいかな・・・?

ただ、専門ブログであれば広告主側もオファーを出しやすいとは思いますが、雑多ブログだとなかなか月極広告って取れないかもしれませんね。このブログもマネタイズを考える以上はいずれは月極広告を視野に入れたいですが、厳しそう。 

 

shotakai.com

 

有名なプロブロガーのイケダハヤト氏のブログは雑多ブログに入ると思うんですが、月極広告ありそうですね。やはりあのランクまで行けば契約も取りやすくなるんでしょうね。

 

 

今回はこのあたりで。