意識低い系ドットコム

漫画の感想、IT業界のよもやま話、古銭収集など、雑多な話題を意識低くお届けします

災害時用にバッテリー充電式の大型USB扇風機を購入!

やたら長い梅雨が終わったと思ったら例年通り暑すぎる夏が来て、さらに伊勢湾台風クラスの台風まで来たりして・・・今年の夏もなかなかヘビーでしたね。

 

今回の台風は僕の住んでいる地域では幸い大した被害もなく、停電なども発生しませんでしたが、2年前に台風が直撃した時は丸1日近く停電しちゃって大変でした。

 

 

明かりが付かないのももちろん不便なんですが、一番困ったのが暑さ対策です。まだまだ残暑厳しい9月上旬でしたから、夜なんて汗だくで全然寝付けませんでした...

 

今年は台風シーズンが来る前に「もし停電になっても、せめて暑さだけでもなんとかしたいよね」ということで、充電式の大型USB扇風機を購入して備えていました。

 

f:id:ken530000:20200911184524j:plain

 

これさえあれば台風だろうが停電だろうがどんと来い!!...とまでは言いませんが、焼け石に水程度にはなるかな、と(笑)

 

実際の使用感なんかをつらつらと書いてみます。 

 

 

  • 大型5枚羽根の送風力
  • リビングで使って良し、卓上で使って良し、外で使って良しの3拍子揃った名選手
  • 最大使用時間は6時間
  • 首振り機能が無いのが残念

続きを読む

【PCGS/NGC】スラブケースの保管・収納は、Gaoominy製のボックスがコスパ良くておすすめ

アンティークコイン収集にある程度本気で取り組んでいる人は、PCGSやNGCなどの大手鑑定機関の鑑定済みのコインのみ買う、という方法でなるべくリスクを回避しようとしているコレクターも多いと思います。

 

眼力に自信のある人は裸コインを買ってきてPCGSやNGCに鑑定してもらい、資産価値を上げるという試みもありでしょう。

 

いずれにせよ、確実なコレクションのためには第三者機関のスラブに入れておくと手堅いですが、そうこうしているうちにスラブケースがどんどん増えていきます。10枚20枚と溜まってくると意外に場所も取るし収納方法に悩んでいる人もいるんじゃないでしょうか?

 

僕もそんな1人ですが、今回スラブケース収納用にGaoominy製の安価な収納ボックスを買ってみました。

 

 

  • ライトハウス社製の収納ボックスはお高い
  • 高級感はないけど実用性は問題なし
  • ACCA鑑定スラブケースやライトハウス社製スラブケースも収納可能

 

続きを読む

新興のコイン第三者鑑定会社「ACCA」の特徴まとめ

f:id:ken530000:20200810211847p:plain

収集用コインの鑑定・グレーディングサービスと言えば、アメリカに本社があるPCGSとNGCが圧倒的に有名ですが、最近はACCAという鑑定会社のスラブを見かける機会も増えてきました。

 

 

ACCAとはどういう鑑定会社なのか、調べたことをまとめてみました。 

 

  • 台湾の鑑定会社
  • アジアコインの鑑定・グレーディングに強み
  • スラブケースはホログラム入り
  • 代理店は株式会社ミントプラスのはずだけど…

 

続きを読む

星(バトン)を継ぐもの

旧知のブロガー仲間であるコバやん (id:gaou2)からブロガーバトンなるものが回ってきました。

 

www.cobalog.com

 

ブロガー仲間でワイワイしてた4~5年前にこの手のバトンは1回か2回やったことあるような無いような、あんま覚えてないんですが、多分やったことあります。めんどいので探しませんけど。

 

せっかく縁あってバトンを回していただいたので、ゆるゆると書いてみようと思います。

 

続きを読む

【ネタバレ有り感想】米澤穂信氏の連作短編集「Iの悲劇」はコミカルで読みやすい社会派ミステリー

出す作品全てハズレ無しと僕の中で評判の米澤穂信先生の連作短編集「Iの悲劇」を読み終わりました。

 

読了直後の感想をつらつらと書いてみます。ネタバレ含んでますので、未読の方はご注意ください。 

 

  • もう少しダークな雰囲気の話かと思ってたけど、意外にコミカル
  • 公務員3人組が全員キャラが立ってる
  • 【ネタバレ注意】限界集落の問題と日本の未来

 

 

続きを読む

一番高く買ってくれるのは何処?スイス20フラン金貨の買取価格を明示している5店を比較!

金価格の高騰は留まるところを知らず、ついに1グラム7000円を突破しちゃいましたね(2020年7月22日時点)。僕は昔から貴金属系の話題が好きで金相場もこまめにチェックしてるんですが、円換算でここまで高騰したのは記憶にないです。

 

金価格高騰と聞くと、

「このタイミングで金を売ればいい小遣いになるかな?」

とか考えちゃうのが人情じゃないですか。

 

僕もその例に漏れず、手持ちの金貨コレクションの中から地金型金貨を1枚売りに出してみることにしました。スイスの20フラン金貨です。

 

スイス20フラン金貨

スイス20フラン金貨


ラテン通貨同盟に準拠した金貨で、近代の金貨の中ではわりと有名なやつです。

 

  • 相見積もりが理想だけど、結構面倒くさい
  • 5店の買取価格を比較
  • 実際にリファスタに売ってみた結果
  • 【余談1】リファスタの検索機能が使いやすい
  • 【余談2】リファスタを利用する際の注意点

 

続きを読む

倉知淳氏の倒叙ミステリー短編集「皇帝と拳銃と」を読んだ感想

倉知淳氏の倒叙ミステリー短編集「皇帝と拳銃と」を読みました。

 

倒叙ミステリーとは要するに「古畑任三郎」や「刑事コロンボ」のようなやつです。読者側が最初から犯人がわかっていて、探偵役がいかにして犯人を追い詰めていくか、という過程を楽しむタイプのミステリーです。 

 

読了直後の感想を書きます。ネタバレ含んでいる部分もあるので、未読の方はご注意ください。

 

 

続きを読む