私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

インデックス投資のメリット・デメリット

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

今回は以前このブログでご紹介した「インデックス投資」のメリット・デメリットについて書いてみます。

 

 インデックス投資は万能ではない

以前の記事では世間的にマイナーなインデックス投資を前面に押し出すために、インデックス投資の良い部分をプッシュしました。

  

530000micro.hatenablog.com

その方法とはずばり、インデックス(指数)を買うのです。インデックスとは日経平均とかTOPIXとかの株価指数のことです。

 そもそも、こういった株価指数ってどうやって形成されるのか?

毎日いろいろな人が株を買ったり売ったり、勝ったり負けたり・・・その結果が日経平均やTOPIXといった株価指数となるのです。
つまり、これらの株価指数に採用されている全銘柄を買って長期的に保有していれば、日本株の平均点を確実に取れてしまうのです。(日経平均とTOPIXは採用銘柄や計算方法が異なりますが、話が複雑になるので割愛)

これをインデックス投資(またはパッシブ投資)と呼びます。

  

しかし、むろん万能な投資法と言うものは世の中には存在せず、メリット・デメリットあります。

 

インデックス投資のメリット

  • 小難しいことを考える必要が無く、手間がかからない
  • 確実に平均点を取れる

この2点に集約されるかな、と思います。このあたりは以前の記事でも書いたことそのままですね。簡単で確実に平均点が取れる、と。

 

 

インデックス投資のデメリット

  • 考える要素がほとんどなく、退屈である
  • 平均を上回ることができない
  • ブログネタに困る

インデックス投資のデメリットは、メリットがそのまま裏表になります。
確実に平均点を取れるということは、言い換えれば「平均点しか取れない」ということ。
次に、やることが無さ過ぎて退屈である、ということです。世間がやれ暴落だ高騰だ、どれそれの銘柄がオススメだ、どこどこの企業には失望したとか盛り上がっているのを尻目に、ただインデックスと言う波に乗っているだけ。インデックス投資は誰にでもできると書きましたが、この退屈さに耐えられる忍耐力が必要と言えます。

最後、ブロガーならではの欠点を挙げると、ネタに困る、という点でしょうか(笑)インデックス投資をメインテーマに据えたブログって結構ありますが、途中からネタに困っているブログが多い模様。なにせ考えることややることがほとんどないため、ブログネタにも乏しくなりがちです。

 

あと、これは僕には無かった発想ですが、「ゆとりずむ」のらくからちゃさんが「何に投資しているか見えないため、とても投資とは思えない」という視点を提供されていました。なるほど、ごもっともです。

 

lacucaracha.hatenablog.com

 

 

インデックス投資のデメリットのひとつ「退屈さ」を紛らわすために、僕は「コア・サテライト戦略」というものに手を出していたりします。いずれ記事にしようかと思います。

 

 

今回はこのあたりで。