読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

国内最安値クラスの銀貨

資産運用・お金の話

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

先日は金貨の話をしましたので、今回は銀貨の話でもしてみようかと思います。

 

金(ゴールド)が最近またジワジワと値上がりしているので、手持ちの金貨の写真をアップしてみる - 私の戦闘力は53万マイクロです

 

金貨の場合はどうしても地金価格が高いので、安い金貨でも1万円を下回るようなコインはあまりないですが*1、銀貨の場合は安いのだと数百円くらいで入手可能です。

 

その中でも国内コイン最安値クラスは、東京五輪記念100円銀貨ではないかと思います。

 

f:id:ken530000:20160226223808j:plain

<銀貨のデータ>

発行年:昭和39年
直径:22.6mm
品位:.600
量目:4.8g
発行枚数:80,000,000枚

 

記念コインというと流津貨幣より価値があると思われがちですが、この銀貨に関してはそれが当てはまりません。というのも、その発行枚数の多さ。作りも作ったり8千万枚!同時期に流通していた稲100円銀貨の発行枚数が5千万枚前後なので、記念コインのほうが発行枚数が多いという逆転現象が発生しています。

 

五輪銀貨も稲銀貨も、状態が悪いのであればおおよそ200円程度で入手可能です。どちらも銀の純分が2.88gなので、銀1グラム60円とすると、銀の価値がおおよそ173円。ほとんど地金価値そのままです。

 

しかしこれが未使用品クラスの状態の良いのになると、五輪銀貨が400円程度に対して、稲銀貨は1000円程度します。*2

 

おそらくですが、五輪銀貨は記念コインなのでみんな大事にしまっておく人が多かったんでしょうけど、稲銀貨は普通に流通市場で使われていたため、相対的に五輪銀貨のほうが状態の良いものが多く現存しているためと思われます。

 

お手軽に銀貨を所有してみたい、という人は五輪銀貨ならお安く入手できるのでオススメです。

 

「そんな最近の時代の銀貨は嫌だ!もっと昔の時代の銀貨が欲しい!」という人は、大正~昭和初期にかけて流通していた小型50銭銀貨がオススメです。(写真ピント失敗した・・・)

f:id:ken530000:20160226225140j:plain

 

普通品なら300円程度、未使用品でも1500円程度で入手可能です。*3

 

なお、趣味ではなく、銀に投資したいから銀貨が欲しい、という人は投資用の地金型銀貨というのがあります(下の写真はカナダのメープルリーフ銀貨)。ただ、日本で買うと割高なので、あまりオススメできません。銀のETFでも買ったほうがずっといいです。

 

f:id:ken530000:20160226225838j:plain

 

 

今回はこのあたりで。

 

*1:超小型金貨なら1万円切るのもあります

*2:発行年によって多少変わります

*3:昭和4年とか昭和13年とかの発行枚数の少ない特年は除く