私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

男女間の対立を煽ると痴漢問題が解決するの?

こんにちは、意識低い系サラリーマンのKENです。

 

最近痴漢関連のエントリーが多く上がっています。とある有名ブロガーの人も、痴漢被害女性を蔑視した(と、少なくとも読者から思われた)記事で炎上していました。

 

痴漢問題について、思うところを書きます。

 

男性の大多数は痴漢の心情的味方?

先日Togetter*1にこんなまとめが投稿されてました。

togetter.com

 

タイトルだけ見て「は?そんなわけないだろ、バカにすんな」と感じ、脊髄反射的に記事を開きました。まとめに採用されているツイートは比較的冷静な議論が多く、興味深く読みました。別にコレ、こんな男女対立を煽るようなまとめタイトルつけなくても良かったんじゃあ・・・?

 

 

男女対立を煽ったところで、誰も得しない

ただ、上のまとめの中でもいくつか、「男」と「女」にカテゴライズし、僕から見ると無用な男女対立を煽るツイートもありました。以下、要約して抜粋。

「痴漢の話をすると、何故すぐ『痴漢冤罪ガー』*2が沸いてくるのか」

「『男』でひと括りにして批判するのをやめろ」

「何故痴漢事件が発生すると女の落ち度にばかり言及するのか」

などなど。

 

対立が起こるのは仕方ないところもあるかとは思います。

痴漢のメインターゲットにされる女性*3の側から見れば、男性は被害者心情を軽視しているようにみえたり、本当に悪いのは痴漢なのに自分たちが責められる理由が分からない!という気持ちかと思います。

男性の側から見ると、痴漢被害が理屈の上ではわかっても、いまひとつピンと来ない、という人もいるのでしょう。人間、自分の経験したことの無い事象に対してはなかなか想像力が働かないものです。また、本来は痴漢問題とはわけて考えるべきかもしれませんが、いつか自分が痴漢冤罪の被害者になるのでは?という恐怖感が女性側への攻撃的な言葉につながるのかもしれません。

 

対立が起こるべくして起こる土壌があるとはいえ、男女間の争いに終始してしまっては、問題の本質があやふやになってしまわないでしょうか?

 

 

痴漢問題は「男vs女」ではなく、「痴漢vs社会」のはず

「男が悪い」「女が悪い」の議論で痴漢問題が解決の方向に向かうのであれば、必要悪として争っててもいいかもしれませんが、とてもそうは思えません。
そもそも、痴漢問題は「男vs女」で争うべき問題ではなく、「痴漢vs社会」で考える問題のはずです。痴漢がいなくなれば、女性も不快な思いをしたり不安を抱えたりすることもなくなります。痴漢冤罪を心配する男性も、痴漢がなくなれば自動的に痴漢冤罪などというのも起こりえなくなります。

 

電車内にカメラを設置するといいのか、男女で完全に車両を分けるのがいいのか、間接的な原因となっている通勤時の電車の混雑を解消すべきなのか・・・痴漢問題を解決するといっても、そう簡単に万能の策は見つからず、一朝一夕で解決する問題ではありません。
でも、みんなが問題意識を共有して、「どうすれば痴漢がなくなるか」を考えることは、痴漢問題解決の大事な一歩・・・というか、最低限の前提条件に思えます。「男女間の対立」などという場外乱闘をしているよりかはよほど建設的ではないでしょうか?

 

 

今回はこのあたりで。

 

*1:Twitterのツイートまとめを作成・投稿できるWebサービス

*2:痴漢問題に際してすぐに痴漢冤罪問題を持ち出す男性に対する揶揄表現

*3:男→男の痴漢や女→男の痴女もあるでしょうけど。