読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

ちるど氏はブロガーではなく、小説の登場人物である

ブログの話

「散るろぐ」という人気ブログの中の人、ちるど氏に関する記事です。

cild.hatenablog.com

 

はてなブログのアカウントを取る前から、ちるど氏のブログはちょくちょく読んでいました。ちるど文学とも称されるスッと頭に入ってくる文章と構成は癖になります。

 

ちるど氏はキャラを作っている?

ちるど氏に直接お会いしたことがないので、勝手な想像で決めつけますが、ちるど氏はブログ上でキャラを作っていると思うんです。いえ、正確に言えば、キャラを作っていると言うよりも、「ちるど」という人物を演じている、と言ってもいいかもしれません。ひょっとしたら、現実面でも「ちるど」を演じていて、直接お会いしても印象は変わらないかもしれませんが。

ちるど氏の文章から受ける印象として、歯に衣着せぬことをズバズバ言っているようにみえて、どことなく「ふわっ」としているんです。ちるど氏の本音、というよりもちるど氏自身が「『ちるど』ならばこういう事を言うだろう」と考えている内容を発表している、といいますか。

言うなれば、ちるど氏はブロガーと言うよりも小説の登場人物なんです。人生と言う名のドラマにおいて、ちるどという役を演じている人、それがちるど氏なのではないかと。ちょっと何言ってるのかわからないかもしれませんが、僕もだんだん何言ってるのかわからなくなってきました・・・

 

ちるど氏の炎上記事に目くじらを立てる必要は無い

ちるど氏は度々問題になりそうな記事を書くため、炎上することも珍しくありません。僕の記憶に強く残っている炎上記事は、1年前くらいに痴漢を擁護(しているよに読み取れる)している記事です。センシティブな話題なので、相当数の批判コメントが集まりました。

しかしこれも、ちるど氏が小説の登場人物であると捉えれば、目くじらを立てる必要はないと思うんです。ブログで問題発言をすればみんな敏感に反応するかもしれませんが、小説の中の人物が女性蔑視発言をしたり問題のあることを言っても、「このキャラはケシカラン!!」と額に青筋立てる人は少ないでしょう?そのキャラは物語中でそういうキャラを求められているので演じているだけなのですから。

 

まとめられないけど適当にまとめる

なんかこの記事を自分で読み返してみても、いまいち論旨がわからない・・・まあ、ともかくちるど氏というのは不思議な魅力を持ったキャラクターなのですよ。ブログを毎回チェックしているわけでもないのですが、「そういや最近ちるど節を読んでないな、ちょっと読んでこよ」と思える程度には。今後とも応援したく思います。