私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

独立系フリーランス・エンジニアになるために必要なITスキルとは?

f:id:ken530000:20181003230834j:plain

フリーランス・エンジニアには大きく分けて2つのタイプがあります。

 

自宅やカフェなどでネット環境を利用して場所を選ばず仕事をするタイプのフリーランス・エンジニアと、客先企業に常駐して仕事をするタイプのフリーランス・エンジニアです。

 

本記事では便宜上、前者を「独立系フリーランス・エンジニア」、後者を「常駐型フリーランスエンジニア」と呼称します。

 

フリーランスと聞くと前者の独立系フリーランス を思い浮かべる人が多いと思いますが、実際には後者の常駐型フリーランスも大勢います。常駐型フリーランスは雇用形態が異なるだけで、実際の働き方はサラリーマンと大差ありません。

 

せっかく自由な働き方を求めてフリーランスになったのならば、できれば独立系フリーランスとして働きたいものです。

 

今回は、独立系フリーランス・エンジニアになるにはどんなスキル・知識を習得すれば良いのか、ご説明します。

 

 

「Web系」スキル

  • 「Web系」スキルはフリーランス・エンジニアと相性抜群!
  • PHP、Ruby、JavaScriptなどのプログラミング言語を身につけよう
  • フリーランス案件だけでなく副業案件も多数

 

独立系フリーランス・エンジニアに最も相性が良いスキル群として「Web系」スキルが挙げられます。仕事の性質上、パソコンとネット環境さえあれば仕事ができる案件が多いからです。

 

  • PHP、Ruby、JavaScriptなどのプログラミング言語
  • データベース
  • HTML/CSS

といったスキルを身につけておくと良いでしょう。

 

「Webサービス開発」のような大きなプロジェクトもあれば、「WordPressによるサイト構築」「既存Webサイトの常時SSL化対応」といった比較的小さめのプロジェクトも多く、スキルや空き時間に応じて柔軟な働き方ができるのも特徴です。

 

その汎用性の高さから、フリーランス案件以外にも副業案件も多く募集されています。副業に関しては下記記事で詳細に解説しています。

 

 

「スマホアプリ開発」スキル

  • スマホアプリ開発の受託案件多数
  • 独自プロダクトを開発する道もある
  • Androidアプリ、iPhoneアプリなど、開発したい分野に合うスキルを身につける必要あり

 

iPhoneやAndroidで動作するスマホアプリの開発も、独立系フリーランスと相性の良いスキルです。

 

企業からスマホアプリ開発案件を受託して開発する以外にも、アイディアがあればオリジナルのスマホアプリを開発し、独自プロダクトとして世に出すことも可能です。

 

Androidアプリ開発なら「Java」、iPhoneアプリ開発なら「Swift」「Objective‐C」、Webベースのアプリ開発なら「PHP」「Python」「JavaScript」といったスキルを抑えておくと良いです。 

 

 

「技術や知識を教える」スキル

  • 技術や知識を「教える」ことができる人は貴重
  • 「教える」ことによって自分自身のスキルを高めることもできる

 

何も開発案件だけがフリーランス・エンジニアの仕事ではありません。意外な穴場がプログラミングの講師という仕事です。

 

政府がプログラミング・スキル向上を後押ししていることもあり、プログラミング・スクールやeラーニングがブームになりつつありますが、「学びたい側」の需要の多さに比べ、「教える側」の供給が少ないのが現実です。

 

職人肌の多いIT系エンジニアにとって、「教える」ことが苦手な人も多いため、逆に狙い目とも言えます。

 

自分ではわかっているつもりの知識・技術でも、いざ実際他人に教えようと思うと難しいものです。

 

「教える」という行為によって自分自身の知識の確認や理解度が深まることにもなり、スキルアップのチャンスでもあります。