私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

キュイと栽培マンを瞬殺したベジータの「ピッ!」って技、怖すぎくない?

戦闘民族サイヤ人の誇り高き王子・ベジータ。彼の必殺技と言ってまず思い浮かぶのは「ファイナルフラッシュ」「ビックバンアタック」「ギャリック砲」あたりでしょうか?

 

上で挙げた技みたいな派手さはありませんが、僕はベジータの「ピッ!」って技が強烈なイメージ残ってます。指2本を相手に向けて、「ピッ」という効果音とともに相手を粉々にするアレです。あの技って超怖くないですか?

 

格下の相手を瞬殺する不可視の技

「ピッ!」が初めて登場したのは、ベジータとナッパが地球を襲った際の天津飯 vs. 栽培マン戦の直後。天津飯を甘く見て舐めた戦いをした栽培マンを、「ピッ!」で処刑しています。

 

栽培マンの戦闘力は1200(このとき天津飯によってダメージを受けていたから、実質もっと低かったかも)、ベジータの戦闘力は18000。ここまでの戦闘力差があれば瞬時に葬り去るくらい容易なことなのでしょう。余裕たっぷりだったベジータの強さの片鱗が見えたシーンでもありました。

 

次に「ピッ」がお披露目されたとき、僕は戦慄を覚えました。戦闘力24000のベジータが戦闘力18000のキュイをこの技で瞬殺したのです。しかも「汚ねぇ花火」呼ばわりまでしました。

 

たしかにこの両者の戦闘力に開きはありますが、圧倒的な差というわけでもありません。それでもなお、この技は有効と言うことです。

 

しかも、通常のエネルギー波とかと違って目に見えない、いわゆる「不可視の技」なので、受けた側は自分が何をされたのかもよくわからないままに死んでしまいます。

 

怖すぎです。

 

 

ある程度実力の近い相手には効かない?

キュイ戦の後しばらくして、ベジータは今度はドドリアと対戦します。圧倒的な実力でドドリアを子供扱いして圧勝しますが、決め技は「ピッ!」ではなく通常のエネルギー波です。

 

ベジータの戦闘力が24000、ドドリアの戦闘力はおそらく21000~22000くらい。さすがに10%程度の実力差では「ピッ!」は効かないのかもしれませんね。

 

・・・いやあ、でもわからないな。「ピッ!」は実は有効だけど、単にエネルギー波で仕留めたい気分だった、という可能性もある。何せベジータは気まぐれ王子ですから。

 

 

他にもいろいろゴニョゴニョとベジータに関して考察もどきなことしている記事がありますので、良かったら読んでやってください。