私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

BLでつながる世代を超えた友情!漫画「メタモルフォーゼの縁側」が面白い!

BLを通して女子高生(17歳)とお婆ちゃん(75歳)が仲良くなる漫画「メタモルフォーゼの縁側」 が面白いです。

 

若干のネタバレ交えつつ感想を書きます。

 

 

 

【あらすじ】17歳女子高生と75歳お婆ちゃんの友情

 行きつけの喫茶店がつぶれてしまい、涼むために久しぶりに本屋に立ち寄った市野井雪(75歳)。

 

若い頃「ベルサイユのばら」や「エースをねらえ!」に慣れ親しんでいた雪婆ちゃんが、絵が綺麗という理由で手に取ったのはまさかのBL本「君のことだけ見ていたい」。

 

何も知らずその漫画をレジに持っていくと、それを目撃したバイト女子高生・佐山うらら(17歳)はびっくり!

 

「これってBLじゃん・・・」

 

そこから何やかんやあって、おすすめのBL本とかを貸し合ったりする関係に進展する雪婆ちゃんとうらら。

 

人見知りでなかなか心を開いて話せないうららに対し、雪婆ちゃんは「漫画の話を誰かにしたかったの」とノリノリ。うららも少しずつ慣れていき、果ては同人イベントにも一緒に行ってうらら以上に大張り切りでBL本を買いあさったり、「君のことだけ見ていたい」の執筆ペースを上げてほしい*1と作者本人に直談判したり、雪婆ちゃんのバイタリティが凄まじいですw

 

読んでるとほんのり心が暖かくなる良漫画。

 

 

腐女子の生き様を描く漫画は面白い

この漫画は妻に勧められて読み始めましたが、がっつりハマってしまいました。

 

腐女子のつづ井さんもそうですが、腐女子な人々を描く漫画は面白いですね。僕も妻もBL趣味は持ち合わせていません。なのに、何故こうも「腐女子な人々」を描く漫画に惹かれるのか、不思議だったんですが、

 

「BLに限らず、人生を心から謳歌している人たちの話を読むのは楽しいよ」

 

と言う妻の言葉に、なるほどなと感じました。趣味なり仕事なり、自分の好きなことに全力投球している人たちのエネルギッシュなところに引き寄せられているのかもしれません。

 

 

雪婆ちゃんの「また今度、があると思ってたのよねぇ」という言葉が刺さる

本題からやや外れますが、結婚してから「老夫婦の物語」に敏感になった気がします。街中で仲睦まじく歩く老夫婦とか、パートナーに先立たれた人が故人を偲ぶ姿とか、自分と妻の将来に重ね合わせて思わずぐっと来てしまいます。

 

この漫画の雪婆ちゃんも2年前に夫に先立たれていて、たびたび夫のことを思い出したり仏壇に話しかけたりする姿が描かれます。とても仲の良い夫婦だったようですね。

 

そうしたエピソードの1つに、

「夫婦でサンシャインシティの展望台に登ろうとしたが、エレベーターに並ぶのが嫌で結局行かなかった」

ことを、雪婆ちゃんが後悔している話があります。その時は「また今度」行けばいいと思っていたようですが、結局その機会は訪れず。

 

「また今度、があると思っていた」

と、雪婆ちゃんが寂しそうに振り返る姿が印象的で、心に染みました。

 

僕も妻も今はまだ30代でそこそこ元気ですが、人生一寸先は闇、何があるかわかりません。後々悔いることのないように、やりたいこと、行きたいところがあれば、可能な限り時間を作って実現するようにしたいです。 

 

 

 

*1:1年半に1冊のペースでしか続編が出ていなかったため