私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

ドラクエ3のオルテガとドラクエ5のパパス、どっちが強い?【父親対決】

ドラゴンクエスト3に登場するオルテガと、ドラゴンクエスト5に登場するパパス。どちらも主人公の父親であり人望があって頼れるタイプ。

 

共通点の多い2人ですが、この2人が対決したらどっちが勝つと思いますか?

 

 

オルテガのステータス(強さ)

ドラクエ3の主人公の父親。魔王を倒して世界を平和にするためにアリアハンを旅立ち、ネクロゴンド火山に落ちて絶命したかと思われていましたが、アレフガルド(下の世界)で孤軍奮闘していました。

 

最後はキングヒドラとの戦いに敗れ、故郷にいる息子を気にかけながら死んでいくわけですが、キングヒドラとの堂々たる戦い*1、覆面にパンツ姿というワイルドすぎるスタイル*2など、ユーザーに強烈なイメージを残しました。

 

そんなオルテガのステータスは公式本などには書かれていませんが、ゲームの設定データを解析するというメタ的手法により、明らかにされています。

 

【オルテガ】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

最大HP:400
最大MP:27
攻撃力:230
守備力:220
素早さ:100

他に、

呪文:バギクロス、ライデイン、ベホマ、ラリホー
耐性:冷気(完全)
特殊仕様:会心の一撃が出ない

 

 

さすが勇者オルテガと称されるだけあって、HP、攻撃力、守備力などの数値がかなり高いです。最大MPが27と他の数値に比べてかなり低く、ここがオルテガの弱点と言えます。また、会心の一撃が出せないという仕様なので、そこも不利に働きますね。

 

 

パパスのステータス(強さ)

幼い主人公を連れて旅する謎の戦士、パパス。会う人は皆、パパスにそこはかとない気品の高さを感じていたようです。それもそのはずで、実はグランバニアの前国王であり、身分を隠して妻を救い出すための放浪の旅をしていたのでした。

 

息子に「トンヌラ」と名づけようとするなどネーミングセンスには首をかしげざるを得ませんが、堂々とした立ち振る舞い、家族想いな性格、ジャミとゴンズの2人を相手にしても負けない戦闘力、主人公を庇って死んでいくその最期・・・父親の鏡ともいえるキャラクターです。

 

パパスのステータスは公式ガイドブックに載っていますので、そこから引用します。

 

最大HP:410
最大MP:65
攻撃力:157(力:117 + パパスの剣:+40)
守備力 :91(身の守り:79 + 皮の腰巻:+12)
素早さ:35

他に、
呪文:べホイミ
特殊仕様:守備力貫通型の会心の一撃が出やすい、2回攻撃

 

 

パパスのステータスも立派ですね。

 

特筆すべきはHPの高さ!ドラクエ5の主人公が同程度のHPにしようとするとレベル57まで上げる必要があります。驚異的なタフネスさに加え、パパスは何故か会心の一撃が出やすいという特徴があり、しかも2回攻撃まで可能なので、数字以上の火力を発揮することができます。

 

 

オルテガ VS.パパス 

肉弾戦はほぼ互角

オルテガとパパスのステータスを比較すると、HPとMPはパパスがややリードしているものの、攻撃力と守備力はオルテガが大きくリードしています。

 

ダメージ値は下記式で計算することが出来ます。

(攻撃側の攻撃力 − 受ける側の守備力 / 2)/ 2 × 乱数 = ダメージ値

(参考:【しゅび力】 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

 

 

この計算式を用いると(計算を簡易にするため乱数の影響は無視、端数は切り捨てとします。)

オルテガ → パパス へのダメージ値は、92ポイント

パパス → オルテガ へのダメージ値は、23ポイント

となります。

 

通常攻撃の火力において、相当な差が生じますね。オルテガの守備力がかなり高めなのが影響してます。覆面とパンツ姿なのに。 

 

このままではオルテガが圧倒的に有利ですが、パパスには会心の一撃が出やすいという特質があります。しかもパパスの会心の一撃は「守備力貫通タイプ」という特殊なものです。

 

この会心の一撃が出た場合、攻撃力 × 0.9~1.1程のダメージを相手に与えることができるので、パパス → オルテガ へのダメージ値はおおよそ140~170ポイントほどとなります。

 

この特殊な会心の一撃が出る確率は、15%超とかなり高いです。

パパスとは (パパスとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

非常に高い確率で会心の一撃を連発する。
これは敵モンスターと同じ仕様で、通常攻撃が確率で会心の一撃になる事が無い代わりに、行動パターンの中に「会心の一撃が出やすい攻撃」と言う特殊攻撃があるため。
「会心の一撃が出やすい攻撃」が実際に会心の一撃になる確率はおよそ1/6であるため、この行動が選択される確率なども加味しても、実に1ターンにつき15%を超える確率で会心の一撃が飛び出る。

 

そしてパパスには「人間なのに何故か2回攻撃可能」という特性もあります。

 

以上の条件を加味すると、パパスがオルテガに1ターンで与えることのできるダメージの期待値は約91ポイントとなり、オルテガ → パパスのダメージ値と拮抗します。

 

両者のHPがほぼ同じであることを考えると、肉弾戦は互角と言えるのではないでしょうか?

 

呪文を使えばオルテガ有利

純粋な肉弾戦が互角となれば、あとは双方の呪文の差が勝敗を決めると言ってもいいでしょう。

 

パパスが戦闘中に使える呪文はベホイミのみです。移動中に使用できるホイミのような特殊仕様(HP/MP全快、状態異常回復)ではないため、回復値は80ポイントほどです。

 

これでは例え常にベホイミを使って回復しても、オルテガから受けるダメージ量を下回っていますので、ジリ貧となります。

 

対するオルテガはパパスから受ける攻撃(ダメージ期待値91)を確率上4ターンまで耐えることができます。素早さもオルテガが上ですので、5ターン目でベホマを使えばオルテガのHPは全快します。

 

5ターン目に確実に相手より早く動けるとは限らないので、念のため3ターン目か4ターン目で使うのもありでしょう。間違ってもバギクロスやライデインなど使ってはいけません、通常攻撃と変わらないダメージなのでMPを浪費するだけです。ラリホーも多分効かないでしょうしね。

 

適当なタイミングでオルテガがベホマを使うだけで、断然オルテガが有利になります。間違ってもバギクロスを(以下略

 

仮にオルテガ、パパスがノーガード戦法に出て攻撃し続けれたとしても、5ターン目開始時点の双方の残りHPは、

オルテガ:約36ポイント

パパス:約42ポイント

となります。

 

次のターンで素早さに勝るオルテガがパパスを先制攻撃すれば勝負ありです。かなりギリギリの勝ち方になりますが、こういう展開もありですね。

 

オルテガ VS.パパスのガチンコ勝負は、オルテガが勝算が高いという結果になりました。ただ、パパスの会心の一撃はあくまで確率なので、運次第ではパパスにもワンチャンありそうです。

 

 

 

*1:バギクロス使用には疑問符がつくけど

*2:虹のしずくを使わず、泳いでゾーマ城に辿りつく最中にあのような姿になった、という説もアリ