私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

プログラミング独学派のためのQ&Aサイト「teratail(テラテイル)」に登録してみた

前々から気になっていたエンジニア特化型のQ&Aサイト「teratail(テラテイル)」に登録してみたので、所感を書きます。 

 

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

 

teratail(テラテイル)とは?

teratail(テラテイル)とは、技術的な悩みや問題を共有して解決していく、エンジニア御用達のQ&Aサービスです。

 

実際に投稿されている質問&回答は、

  • PHP
  • Laravel
  • Ruby
  • Java
  • Swift

といった、プログラミング言語やフレームワークの話題がメインです。スマホのネイティブアプリ開発に関する話題もちらほら。

 

「エンジニア特化型Q&Aサイト」と銘打っていますが、実際は「プログラミング(特にWeb系)専門Q&Aサイト)」というのが正確なところだと思われます。

 

質問に対する回答率は90.51%(2018.10.20現在)とかなり高く、活発なQ&Aコミュニティと言えそうです。 

 

 

無料で登録できる

会員登録は無料で、必要な情報はメールアドレスのみです。

 

f:id:ken530000:20181020111058j:plain

 

FacebookやTwitterなどのSNSアカウントを使って登録することもできるので、気軽に試すことが出来ますね。

 

初回ログインすると、画面の指示にしたがって興味のある分野のタグを登録します。

f:id:ken530000:20181021075729j:plain

 

タグを登録することにより、自分の興味のある分野の質問を見つけやすくなります。

 

 

プログラミング独学派にとっては心強い 

ざっとみたところ、質問は1日に120~150個ほど投稿されているようです。

 

中上級者向けの質問もありますが、どちらかと言えば、

  • 正規表現の使いかた
  • スクレイピングする方法
  • 文字列検索
  • スマホアプリからカメラ機能を利用する方法
  • オブジェクトの初期化が上手くいかない

といった比較的初心者向けの質問が多い印象です。

 

学校の授業や会社の研修などでプログラミングを学んでいる人であれば、わからないことがあるときに気軽に周りや講師に聞きやすいかもしれませんが、独学でプログラミングを学んでいる人は一度問題にハマるとなかなか抜け出せないこともあります。

 

Google検索してすぐに答えが出てくるならいいですが、自分が現在陥っている悩みに対するピンポイントな解説ページがなかったりすることも多いですよね。

 

そういう意味では、本サイト「teratail」はプログラミング独学派にとって心強いサービスと言えそうです。 

 

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】