私の戦闘力は53万マイクロです

農夫のおっちゃんの10分の1程度の戦闘力で適当に生きる、意識低い系サラリーマンのブログ

【ネタバレ注意】漫画「金田一37歳の事件簿」の1巻と2巻を読んだ感想

「金田一少年の事件簿」から20年後、37歳となったサラリーマン金田一主任が活躍する「金田一37歳の事件簿」を読みました。

 

ネタバレ含みつつ、感想をつらつらと書きます。

 

 

 

良くも悪くも大人になってしまった金田一

かつて天才的な少年探偵として活躍した金田一も、今ではとあるブラックPR会社の普通の社員(主任)。

 

37歳という絶妙な年齢設定が上手いですね・・・年配というほどでもないけど、かといって若いというほどでもない。かつて「金田一少年の事件簿」を楽しんで読んでいた層にジャストフィットする設定と言えましょう。

 

  • 「犯人はこの中にいる!」という決め台詞が言えない(お客様を怒らせてしまうから)
  • ケンカ弱いのにケンカっぱやくトラブル上等だった金田一が、体裁を気にしつつ動くサラリーマンの鏡になってしまった
  • 「もう謎は解きたくないんだ・・・」とか言っちゃう

 

良くも悪くも金田一は大人になってしまいました。

 

 

犯人の動機が軽い・・・

金田一少年の事件簿といえば、犯人達の重く壮大な過去が1つの特徴で、犯人が犯行を決意するに至った経緯を数話分使って描く、なんてこともザラでした。

 

しかし・・・「金田一37歳の事件簿」はなんか犯人の動機や過去が妙に軽いんですよね。「歌島殺人事件」の犯人の動機は純粋なカネ目当てでしたし・・・(地獄の傀儡師が絡んでいるという、ストーリーの縦の線はありましたが)

 

犯人の動機があっさりしてるせいか、物語全体のシリアス度もいまいち低めな気がします。妻も読んだ後「金田一ってこんな軽い雰囲気の漫画だっけ?」と言ってました。

 

まだ最初の1エピソードを読んだだけなので今後どうなるかはわかりませんけどね。

 

 

新ヒロイン(?)葉山まりんが可愛い 

「金田一37歳の事件簿」はかつてのヒロインである七瀬美雪の出番がいまのところほとんどない(スマホのメッセージと金田一の想像の中だけ)ですが、今後どういう形で登場するんですかね。

 

というか、そもそも金田一と美雪の現在の関係ってどうなってるんですかね?スマホで頻繁に連絡を取り合ってたり、周りの反応(「可愛い後輩と一緒に仕事することがばれないようにな」という草太のセリフとか)を見る限り、恋人かそれに近い関係っぽい気はしますが、結婚はしてなさそう・・・

 

美雪に代わる金田一のパートナーとして会社の後輩の「葉山まりん」が出てきますが、どう見ても金田一に気がありそうな上に、金田一もまんざらでは無さそう。今後美雪が登場してからこの3人でひと波乱あるんですかね・・・お隣さんの巨乳奥さんの動向も気になるところ。

 

 個人的には、美雪よりも葉山まりんのほうが僕は好きですね。天真爛漫な美女、しっかり者のようでいてトラブルメイカー的なところあり、正ヒロインとしての資格は充分にありそうなポテンシャルです。是非とも今後レギュラーキャラとしてどんどん金田一に絡んで欲しいところです。

 

 

 

余談ですが、金田一シリーズの作品で僕が気に入るキャラは高い確率で犯人だったり被害者になったりするというジンクスがあるので、今回「葉山まりん」の命運が心配でしたが、杞憂に終わりました(今のところ)。良かった良かった。