意識低い系ドットコム

漫画の感想、IT業界のよもやま話、古銭収集など、雑多な話題を意識低くお届けします

漫画「ゆうべはお楽しみでしたね」7巻を読む前の期待と読んだ後の感想

1年数か月ぶりに「ゆうべはお楽しみでしたね」の新刊発売!待ちくたびれましたよ、ほんと・・・w

 

僕はコミックス派なので、新刊発売までの間、先の展開をあーでもないこーでもないといろいろ妄想したり期待したりして、読んだ後に答え合わせを楽しんでたりします。

 

今回の記事ではそんな僕の「読む前の期待」「読んだ後の感想」を併記してみたいと思います! 

 

 

【読む前の期待】山木くん(マリオ)と志野田さん(ダノン)の関係が気になる

※この章は読む前に書きました。

 

正直ね、パウさん(さつきたくみ)とゴローさん(おかもとみやこ)の今後の展開はそこまで楽しみじゃないんですよね。いや、全然楽しみじゃないわけでもなくて、今後すんなりと結婚までいけるのかとか、結局この2人は「ゆうべを楽しんだ」ことはあるのかとか、これまでにケンカらしいケンカしたことないけどこの辺りでそろそろ一波乱あるのかとか、まあ気になるっちゃなるわけで。

 

でもそれ以上に今気になってるのは、山木くん(マリオ)と志野田さん(ダノン)の恋人未満どころか友達未満の関係は今後どうなるのか?という点ですよ!恋愛物の漫画ってくっついた後よりもくっつくまでの過程が好きなんですよね~・・・

 

6巻時点では山木くんは志野田さんへの恋愛感情を自覚してるっぽくて、遅まきながらもアクションを起こしつつあるわけですが、志野田さんのほうはどうなんですかね?もちろん悪くは思ってないだろけど、今のところはそんなに関心は無さそう?天然カワイイ言動で山木くんをどぎまぎさせてますが、ひょっとしてあれが計算だったりしたら怖いなとか思わなくもないですw

 

7巻でこの2人の関係の進展が読みたいです!

 

 

【読んだ後の感想】「ゆうねはおたのしみでしたね」どころの話ではなかった!

※この章は読んだ後に書きました。ネタバレ含んでますので、未読の方はご注意ください

 

いやー、いいですね、山木くんと志野田さんの関係・・・もうまどろっこしすぎて、だけどそれがイイ!!

 

「今日は友達から一歩進んだ関係になるんや・・・!」

なんて宣言してたら、誰だって「お、告白か!?」ってなるじゃないですか。それがまさかの「彼氏がいるかどうか聞くだけ」、そしてそれも不発に終わるっていう・・・

 

中学生の恋愛か!!

 

山木くんの言う『一歩』が本当に小さな小さな一歩で、でもそんな一歩も踏み出せずに足掻いている山木くんがカワイすぎますわ・・・チクチクさん(山木くんの実の姉)が「繊細過ぎてお姉ちゃん相談に乗るの面倒くさいなぁ・・・」って答える気持ちが痛いほどわかりますw

 

あと、主人公カップル(パウさんとゴローさん)のほうね。すんなり結婚まで行けるのかなーって思ってましたが、なんかサクッと婚姻届け出しちゃいましたね。この漫画はそこそこ重要な場面であってもさらさら進めちゃうところがありますね。良い意味でクドくない漫画というか。

 

そして、ですね。僕このカップルはまだ「ゆうべを楽しんでない」と思ってたんですよね~。そういう場面も描かれてないし、そもそもパウさん、ちゃんとやれるの?なんて大きなお世話以外の何物でもない心配をしてましたが、まさか、その場面すっ飛ばしていきなり子どもが出来ちゃうとは!さらっとした展開にもほどがありますよ、ほんとw

 

ひょっとしたら「ゆうべはお楽しみでしたね」どころか「毎晩お楽しみですね」だったのかなとか下世話なことを思わなくもないですが、まあ遠距離恋愛だからそれはなくて、的中率高かっただけですかねw

 

この漫画もそろそろクライマックス近い予感がしますが、パウさん&ゴローさんの新婚生活の行方と山木くん&志野田さんの恋の行方がどこに執着するのか、楽しみです。志野田さんの「山木くんのお部屋やから行ったんやで」というセリフと表情の意味が早く知りたい・・・