意識低い系ドットコム

漫画の感想、IT業界のよもやま話、古銭収集など、雑多な話題を意識低くお届けします

業界最安値と評判の「野口コイン」は本当に安いのか!?商品ジャンル別に比較してみました

株価が世界的に低迷し、ペーパー資産への信頼が揺らぐのと反比例するように、金貨や銀貨などの実物資産に注目が集まっています。

 

特に金(ゴールド)価格はここ数か月1グラム6000円前後で推移し、歴史的高値となっています。

 

今まで金貨・銀貨購入経験のない人にとって気になるポイントは、

「どこで買うのが安いの?」

だと思われます。

 

コイン商である野口コイン「業界最安値に挑戦」を謳っていますし、実際に評判も良いです。

www.noguchicoin.co.jp

 

 

本記事では、本当に野口コインは他のコイン商や貴金属商に比べて安いのか、商品ジャンル別に比較してみました。

 

結論だけサクっと知りたい人は上の目次から「まとめ」へ飛んでください。

 

 

※なお、本記事中のデータは2020年4月6日時点のものです。

 

地金型金貨(1オンス)を比較

地金型金貨とは、オーストリア(ウィーン金貨)、カナダ(メープル金貨)、中国など(パンダ金貨)の各国の造幣局が発行している純度999.9以上の純金で作られたコインのことです。

 

地金価値+若干のプレミアム程度の価格で購入できるため、投資や記念日の贈り物なんかに買う人が多いようです。

 

ちなみに、「1オンス」とは重量を表していて、約31.1グラムのことです。

 

 

ウィーン金貨(1オンス)

 

上の写真は代表的な地金型金貨であるオーストリアのウィーン金貨です。ビオラなどの管弦楽器が描かれたデザインが綺麗で、人気のある金貨です。

 

この金貨の各業者での価格は、

となっており、老舗の貴金属商の田中貴金属に比べると若干高いものの、健闘しています。

 

田中貴金属で購入するには店頭まで出向く必要があることを考えると、ネットで購入できる野口コインは選択肢の1つになりえますね。

 

 

地金型銀貨(1オンス)を比較

地金型金貨の純銀バージョンが地金型銀貨になります。

 

1枚数千円程度で購入できるため、ちょっとしたプレゼントなどに人気があります。純銀価値に比べてやや割高なので、投資用途にはあまり適しませんが・・・

 

ウィーン銀貨(1オンス)

 

上の写真は、金貨の章で紹介したウィーン金貨の銀貨版である「ウィーン銀貨」です。デザインはまったく同じです。

 

この銀貨の各業者での価格は、

となっており、「業界最安値に挑戦!」の看板通りの価格です。

 

 

アンティークコインを比較

最後にアンティークコインを比較してみます。アンティークコインの定義は明確に決まっているわけではありませんが、一般に100年以上前に発行された歴史的価値を持つコインのことを指します。 

 

フランツ・ヨーゼフ1世在位60周年100コロナ金貨

 

上の写真はオーストリアで1908年に発行されたフランツ・ヨーゼフ1世在位60周年100コロナ金貨、通称「雲上の女神」と呼ばれる非常に美しい金貨です。

 

発行枚数16,000枚とそこそこ数が多いにも関わらず、そのデザイン性の高さから近年注目を集めている人気アンティークコインの1つです。比較的多く市場に出回っていてデータが豊富なため、この金貨で価格を比較してみます。

 

アンティークコインはコインの状態(傷、摩耗の度合いなど)によって価格が大きく変わるため、単純な価格比較が難しいです。

 

野口コインで販売されている雲上の女神はコインの状態について明記されていませんが、写真を見る限りは未使用品クラスに見えます。

 

そこで、同じ未使用品クラスの同金貨を扱っている業者と比較した結果が以下の表になります。

業者名 コインの状態 価格
野口コイン 不明(写真見る限り未使用クラス?) 2,235,300円(税込)
GoldCoin 未使用(NGC鑑定PF62) 3,800,000円(税込)
アンティークコインワールド 未使用(NGC鑑定PF62) 2,500,000円(税込)

 

野口コインの雲上の女神が僕の見立て通り未使用品クラスだとすれば、他店と比べて十分リーズナブルな価格帯です。

 

実際購入する際は、野口コインにコインの状態について問い合わせてみたほうが良さそうですね。 

 

 

野口コインで金貨を買うときは楽天ショップではなく本店で買おう

野口コインで買い物するときに注意したいのが、

「野口コインの楽天ショップやYahooショップではなく、本店で買いましょう」

という点です。

 

というのも、楽天やYahooに払っている出店料や手数料の分だけ、本店で買うよりもかなり割高になっているからです。特に金貨の場合は価格差が顕著です。

 

一例までに、それぞれのショップでのウィーン金貨の価格を比べると以下のようになります。

  • 本店:211,984円(税込)
  • 楽天:286,910円(税込)
  • Yahoo:286,890円(税込)

 

本店に比べて楽天ショップやYahooショップは30%以上割高になっています。少しでも安く買いたいなら、迷うことなく本店で買うべきです。

 

<<本店サイトはこちらです↓↓>>

www.noguchicoin.co.jp

 

 

まとめ

野口コインの価格を他業者と比較すると、

  • 地金型金貨は田中貴金属ほどではないが、そこそこ安い
  • 地金型銀貨は業界最安値クラス
  • アンティークコインも健闘

という結果になりました。

 

価格だけではなく、ネットでお手軽に購入できるという点は、新型コロナウィルスによる自粛ムードの昨今において大きなメリットと言えそうです。

 

www.noguchicoin.co.jp